夫婦で巡る

日本海に突き出た能登と、金沢市を含む加賀からなる石川県は、自然、伝統、文化など、観光地としてのあらゆる要素を満たしている県と言えます。

 

泉鏡花や室生犀星などの文学者を輩出した金沢市は、戦災を免れた古式ゆかしい城下町の情緒を残し、多くの観光客を集めています。

一方「能登はやさしや土までも」と言われるように、山の緑と海の青に囲まれた豊かな自然は、そこに住む素朴で穏やかな人々を育んできました。

有名な和倉温泉までは、JRの七尾線が利用できますが、海岸線の美しい能登半島を巡る場合は、車でのドライブがお勧めです。

金沢から約170キロある能登半島の先端をめざし、能登海浜道路を、日本海を左に見ながら走ると、自動車が走れる珍しい砂浜の千里浜海岸に着きます。またこの辺はUFOの街としても有名で、現地のコスモアイル羽咋を見学してもよいでしょう。

その他同じ海岸沿いに能登金剛など、ごつごつした岩の男性的な景観を堪能できます。

 

一方、富山湾に面した内浦では、七尾湾を始め、穴水湾、九十九湾など複雑な入江と、穏やかな海の女性的な風景が広がります。

さらに能登島大橋でつながった能登島に足を延ばせば、半島とはまた違い、閑静なリゾート地といった雰囲気が一杯です。ちょっとした休みを利用して、ご家族でまたカップルでドライブするにはうってつけの観光地がこの地方なのです。

 

 
車買取専門店をお探しならhttp://www.車買取専門店ランキング.jp/