高松に行くなら

高松は石川県の真ん中あたりの能登と加賀の境にある道の駅になります。

旧下り線の里海館・旧上り線の里山館からなります。里海館には、日本海が目の前に見えるサンセットデッキがあるので、カメラなどを用意して行く方が良いです。

ドッグランや海まで歩いて行ける遊歩道があるので、運転に疲れた方は気分転換になります。里山館には足湯があり旅の疲れを癒してくれます。1度に10人ほど入る事ができます。足を拭くタオルなどを持参された方が良いです。

直売所には地元のお米や花・山野草・新鮮な地元野菜などを販売しています。かほく市の特産品さつまいものかほっくりを使用したお饅頭や、かほく市の特産の長いもを使用した長いもパウダー・紋平柿を使用したお菓子など販売しています。金沢カレーやたまごカニなども置いてあります。海産加工物も購入することができます。

軽食コーナーのおすすめは、地元の豚トンキーとかほっくりを使用したコロッケになります。里山館限定でかほくコロッケ定食をいただくことができます。能登の塩を利用したあぶり能登塩麺は里海館の限定販売になります。

 

営業時間は季節によって変わるのでホームページなどで確認しておいた方が良いです。