未分類

金沢は小京都の一つと言われ、北陸を代表する城下町です。

また日本海に突き出た能登半島も、海と山に囲まれた自然と伝統ある文化を、現在も色濃く残しています。こうした石川県の豊かな自然の産物の一つが温泉です。

能登半島の中ほどにある有名な和倉温泉を始め、加賀地方にも山中、山代、辰口温泉などが集中し、近辺の人々や観光客の足を集めています。

 

そんな中、唯一金沢市内にあるのが湯涌温泉です。北陸の雪の深い冬の季節、この温泉は加賀の奥座敷と言われ、前田家の絶好の湯治場として知られていました。

 

金沢駅からは、二大河川の中の一つ浅野川上流に向け、40分ほど車を走らせると、この温泉に到着します。医王山の山麓に位置するため、冬は暖かく夏は涼しいという絶好の保養地なので、金沢観光の穴場の一つと言えましょう。

また温泉の他、高原特有の眺望のよい旅館、近年オープンした金沢湯涌江戸村も一見の価値があります。金沢城周辺の武家屋敷や茶屋街などを回った後に、江戸村の商家や農家に足を運べば、当時の人々の暮らしが垣間見られ、城下町観光を十分に堪能できるはずです。

現在は能登海浜道路のみならず、湯涌方面への道路整備もされ、車で訪れる観光客にさまざまな便が図られているので、是非一度は訪れたい観光地の一つと言えましょう。

金沢市内から車で約20分ほど走ると、河北潟の向こうに内灘町が見えてきます。

日本海を臨む、広大な内灘砂丘を持つこの細長い町は、40数年前に県の住宅計画で開発され、現在は金沢市の大きなベッドタウンの一つとして知られています。

後金沢医科大学及び病院が建設されると、人口も増え、各種商店やアパートマンションなども整備されるようになりました。

 

さらに河北潟も一部埋め立てられ、農地や住宅として利用されている他、美しいも内灘大橋が建設されると、能登方面への交通の便も劇的に発展しました。

海岸沿いを走る能登海浜道路を利用すれば、能登へはわずか約2時間、車での観光客や帰省客を呼び込んでいます。そして内灘町に来たドライバーにとって有難いのが、道の駅内灘サンセットパークでしょう。雄大な内灘大橋を前に、右には河北潟、左には日本海というように、ここからの眺望は絶景です。特に樹木や空の美しい秋は、絶好の観光シーズンです。

車を降りて、ソフトクリームやラーメン、また新鮮な野菜や果物を賞味しながら、海からの風に吹かれれば、旅の疲れも吹き飛ぶでしょう。

その他近くには、子供たちが遊べる公園や、リーズナブルな宿泊施設もありますから、秋以外でも、とりわけ夏休みに、多くの若者や家族連れでにぎわっています。

石川県能登半島の魅力といえば、何といっても豊かな自然と、伝統行事でしょう。特に観光地として有名な能登半島先端の輪島市には、能登を代表する伝統工芸である輪島塗りがあります。

またのどかな風物詩である朝市や、勇壮な御陣乗太鼓は、日本全国のみならず、外国人観光客をも魅了しています。そして忘れてはならないのは、キリコ会館でしょう。

そこには夏から秋にかけ、能登一円で開催されるキリコ祭りに使われたキリコが、会場いっぱいに展示されています。

大きなものは10メートルを越える高さもあり、闇に浮かび上がるキリコの灯りが、幻想的な雰囲気を醸し出しています。都会に出た能登の若者たちは、夏になると、現在でもこのキリコ祭りに参加するために、帰省すると言います。

この巨大なキリコを見ると、青森のねぶた祭りを思い起こす人も少なくないでしょう。

 

江戸時代から、能登地方は漁業や、海運業が盛んで、各地の中小廻船業者が活動していました。これらの北前船は、主に蝦夷の産物や上方の物品を積荷として、蝦夷と大坂を行き来していたのです。

今では考えられない程の隆盛を誇った日本海航路は、こうした各地の文化的つながりを、十分暗示するものです。

このキリコを見れば、その昔栄えた港町や、船乗りたちの無事を祈る村人たちの心意気が感じられるでしょう。

本州の中ほどにある、石川県の能登半島は、日本海側の唯一の半島でもあります。

 

羽田から能登空港までは約1時間、また金沢駅からJR鉄道で約2時間弱を乗り継げば、奥能登の入り口とも言える穴水町に到着します。

源平合戦の頃、平家の末裔が住んだ奥能登は、古来海上交通の要所であり、大陸との交流もありました。能登半島の北西部の外浦は、複雑な海岸線を有する岩石海岸として有名です。

能登金剛の巌門がその代表で、日本海の荒波に削られたその男性的な景観は、日本で有数の景勝地として知られています。

一方反対側の富山湾に面した所は内浦と呼ばれ、複雑な入江に穏やかな海が美しく、能登半島国定公園に指定されています。さて七尾駅から穴水町に到るのと鉄道は、従来より現地の人々が日常生活で利用する貴重な足でした。

地元の高校生や、行商のおばあちゃんたちが乗り降りする姿は、どこか懐かしさを漂わせています。そして寒い冬が終わり、春になると注目なのが、能登鹿島駅でしょう。

別名能登さくら駅といわれるこの駅は、百本あまりの美しいソメイヨシノに包まれることで有名です。

 

今では全国的に知られるようになった、この桜のトンネルを見に、各地から観光客が訪れています。この春、豊かな自然と長い歴史に育まれた能登半島を、車でじっくり訪れるのもよいのではないでしょうか。

石川県は日本でも日本海側に位置する県となります。緯度的にはそんなに上の方ではないのですが、何しろ日本海に面しているということですので、冬には大雪になることもしばしばあるくらいなのです。

海にも囲まれ、南側は山脈にも囲まれているというような、非常に特徴的な側面を持ち合わせる県となります。ですから、この地を車で走り抜けることは非常に爽快なこととなるのです。

gf1120107985w200
特におすすめなのは、日本海側に沿って作られているルートを走り抜けることです。国道8号線や、国道305号線が海沿いにある程度沿いながら作られています。しかしながら更にすごいことが、高速道路になります。特に日本海に沿って作られている高速道路は、一般の国道よりも更に日本海寄りに、そして区間も海に沿って長く作られているのです。まさに、圧巻と言えるくらいなのです。
その高速道路を走っている時の感じは、雄大であるとしか形容できないような感じなのです。ひたすらまっすぐに海に沿って北方向へ、或いは南方向へと走っていきます。特に日の出の時間や日の入りの時間になりますと、その景色がダイナミックな感じにもなり、私たち見るもの全てを感動へと誘ってくれることは間違いありません。特に晴天の日に運転されるのがおすすめです。

平成23年(2011)、石川県能登半島の里山・里海は、国連食糧農業機関によって世界農業遺産に指定されました。その中心が輪島市白米町の千枚田です。

日本海に突き出た能登半島の先端にある輪島市は、日本海の荒波を受ける切り立った海岸線が男性的な、外浦の海に面しています。輪島市の市街地から、車で曽々木に向かう国道249号線を走ると、海への急斜面に無数の小さな田んぼが沢山見えてきます。

これが奥能登の名勝、千枚田です。

古来この地の人々は、厳しい自然環境にも関わらず、これらの水田を開墾しコメを作ってきました。中には畳一畳分もない水田もあり、段差のある地での農作業の苦労が忍ばれます。

こうした状況下、近年の農業後継者の減少に伴い、輪島市では石川県内外の子どもたちを対象に、自然体験村を実施しています。そこでは美しい曽々木海岸を中心に、千枚田での農業体験や伝統文化体験などを通して、能登の産業の発展維持を目指しているのです。さて輪島市から曽々木、さらに珠洲市への道のりで、一休みしたい時に寄りたいのが千枚田ポケットパークです。

食事や買い物また、千枚田の絶景を臨むにはうってつけのこの道の駅では、この地の新鮮な農作物やお土産も手に入り、奥能登観光には欠かせない拠点となっています。

いおりは、石川県七尾市にある国道160号線にある道の駅になります。富山湾をはさんで立山連峰が一望することができる景勝地になりおすすめです。

絶景を眺めることができるのでデジカメなど持参されて行くと良いです。

海鮮レストランでは刺身定食や焼き魚定食・道の駅ランチなど食べることができます。定休日は木曜日になり営業時間は9時から17時になります。施設内にある難わくわく市場では地域の旬の野菜や麻生ふれあい協同組合の漬けもの・ウィード能登の農産加工品などを販売しています。おすすめは県産食材を利用したジェラートになります。

奥能登の酪農家限定ミルクと直売所近くの崎山地域でとれたいちごで作ったジェラートになります。

難わくわく市場は毎週木曜日が定休日になり、営業時間は9時30から17時30分までになります。

海浜公園や多目的広場・オートキャンプ場もあるのでファミリーや友達連れで来ても楽しいです。

 

道の駅周辺には観光スポットがたくさんあり、車で30分ほど行ったところにある和倉温泉は、七尾湾を望む能登半島随一の温泉になります。車で20分ほど行ったところにある七尾城跡は、能登半島国定公園内に位置する山岳城跡になります。

高松は石川県の真ん中あたりの能登と加賀の境にある道の駅になります。

旧下り線の里海館・旧上り線の里山館からなります。里海館には、日本海が目の前に見えるサンセットデッキがあるので、カメラなどを用意して行く方が良いです。

ドッグランや海まで歩いて行ける遊歩道があるので、運転に疲れた方は気分転換になります。里山館には足湯があり旅の疲れを癒してくれます。1度に10人ほど入る事ができます。足を拭くタオルなどを持参された方が良いです。

直売所には地元のお米や花・山野草・新鮮な地元野菜などを販売しています。かほく市の特産品さつまいものかほっくりを使用したお饅頭や、かほく市の特産の長いもを使用した長いもパウダー・紋平柿を使用したお菓子など販売しています。金沢カレーやたまごカニなども置いてあります。海産加工物も購入することができます。

軽食コーナーのおすすめは、地元の豚トンキーとかほっくりを使用したコロッケになります。里山館限定でかほくコロッケ定食をいただくことができます。能登の塩を利用したあぶり能登塩麺は里海館の限定販売になります。

 

営業時間は季節によって変わるのでホームページなどで確認しておいた方が良いです。

友達や家族、それに恋人と一緒に行く旅行は楽しいものですが、一人で気ままに旅に出たい気分の時もありますね。

仕事などで心身ともに疲れている時や、自分と向き合いたい時など、旅に出ることで心身の疲れを癒したり、気持ちをリフレッシュすることができます。

自分の行きたいところに、思いのままに行けるのも、一人旅ならではの醍醐味です。

 

日本海の海の幸や、温泉、観光都市である金沢がある石川県は、一人旅の旅行先としておすすめできます。都会すぎず、自然もあり、ショッピングや観光を楽しめるところもあるのが魅力です。

自然とショッピング両方楽しむなら、車で行く方が交通の便が良いです。

運転で疲れた際は、みちのえきを利用しても良いですね。ころ柿の里しかは、石川県志賀町にあるみちのえきです。ころ柿は、干し柿のことで、石川県の志賀町の名産品です。みちのえきには、野菜の直売所や、温浴施設があるので、休憩がてら、買い物や入浴を楽しめるので、長時間の運転で疲れた体もリフレッシュできます。

 

ころ柿のソフトクリームも人気と、なっています。また、お米や野菜、もちろんころ柿など、能登の農産物を購入できます。帰りにより、お土産を買って行っても良いですね。

 

gf1950145872l300